2008年09月17日

『西の魔女が死んだ』梨木香歩/新潮文庫

西の魔女が死んだ (新潮文庫)西の魔女が死んだ (新潮文庫)
梨木 香歩

新潮社 2001-07
売り上げランキング : 105
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

再読。
これ、ふとしたときに再読したくなる本ですね。
今回再読したのは、本当に自分は自分で決めたことができない人間だなあ、と思ったから。
いや、前々から思ってたんですけどね。計画立てるのは大好き!でも実行はしない!という。(笑)
他人との約束は見栄があるので(笑)なんとか守れることが多いのですが、自分との約束はとにかく甘えが出ちゃって守れないのですよ、ハハハ。弱い、弱すぎる(笑)もお、だらけ人間極まってますから!←いばるな

小学生のころ、占いに凝りまして。女性だったら経験がある方覆いのではないでしょうか。マイバースデイとか覚えがある人。
そのマイバースデイにですね、占いだけではなく、魔女についていろいろ書いてあるのですよ。魔女と言っても、ほうきに乗って空を飛ぶ、とか、ハリーポッターに出てくるような魔女ではなく、そうだな……流れを読んで(あるいは作って)、チャンスをつかむ力を持つ人、ってとこか。究極まで行くと、空を飛べたりするのでしょうが。
白魔女というのですけど、それになるためのレクチャーが書いてあるのね。
それが。
まいの魔女修行にそっくりなのですわー。

それでちょっと思ったのは。
人間として、まっすぐな生活をして、自分の気持ちいい生活──自分の意思ばかり通すって意味じゃないですよ──をすれば、自ずと力がつくのかな、と。

とりあえず、自分との約束を守れるようになりたいです……。
2008年9月3日
posted by ねむ at 09:53| Comment(0) | TrackBack(1) | な行

2008年09月16日

『館島』東川篤哉/創元推理文庫

館島 (創元推理文庫 (Mひ4-1))館島 (創元推理文庫 (Mひ4-1))
東川 篤哉

東京創元社 2008-07
売り上げランキング : 9668
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ミステリ・フロンティアの本ですね。図書館で見たときはあまり心惹かれなくて、手に取ったものの棚に戻してしまったのですが、文庫が出ていたので買ってしまいました。著者&出版社的にはこっちのほうがうれしいかもね(笑)

綾辻行人の『十角館〜』ばりの暗〜く重〜い話かと思いきや、めっちゃ明るい(登場人物が、ね)ユーモア・ミステリーでした。それなら早く読めばよかった。

エロ刑事と女探偵がいいコンビですね。でも、エロ刑事のいいとこがほとんどないので、もうちょっとかっこいいところを見せてあげてもいいんじゃないかと同情してしまったのでした。

そのエロ刑事が、部屋を間違えるってところで、家が動くのではないかという想像はカンタンにつきます。大体、そのまえに、地下がないのに地下にいく階段が数段あって行き止まりっつーのがめちゃ怪しい。伏線にもならない。
……のだけれど!
この館を作った理由、この形にした理由が秀逸!キャラの気持ちはすごくわかるし、その心意気がとても素敵だ。

どーでもいいけど、女探偵の沙樹が、『掌の中の小鳥』の紗英とダブってしまったのはなぜだろう。沙樹のほうが絶対的に斜め上を行ってるというか……過激なんですけれども。名前のせいか、車の上で見得を切る vs(?)「名乗るほどのもんじゃあございません」のせいか?

2008年8月3日
posted by ねむ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | は行

8月読了本

『風の王国 女王の谷』毛利志生子/集英社コバルト文庫
『館島』東川篤哉/創元推理文庫
『閉ざされた夏』若竹七海/講談社文庫
『深海のYrr 上・中』フランク・シェッツィング/ハヤカワ文庫
『虚空の旅人』上橋菜穂子/新潮文庫
『風の王国 金の鈴』毛利志生子/集英社コバルト文庫

『深海のYrr』……なんとか上・中は読んだのですが(中はほぼ一気読み)、下に入ってストップしてしまいました[:汗:] 夏休みが終わってしまったからだろうか(笑)
『風の王国 金の鈴』はもしかしたら読んだのは7月かも?記録に残ってなかった[:汗:]
posted by ねむ at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 読了本

7月読了本

『春期限定イチゴタルト事件』米澤穂信/創元推理文庫
『風の王国』毛利志生子/集英社コバルト文庫
『風の王国 天の玉座』毛利志生子/集英社コバルト文庫

読んでないねー。
posted by ねむ at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 読了本

2008年07月01日

6月読了本

今回は忘れなかったぞぅ!←読了本記事UP

『彩雲国物語 緑風は刃のごとく』雪乃紗衣/角川ビーンズ文庫
『彩雲国物語 青嵐にゆれる月草』雪乃紗衣/角川ビーンズ文庫
『彩雲国物語 白虹は天をめざす』雪乃紗衣/角川ビーンズ文庫
『彩雲国物語 黎明に琥珀はきらめく』雪乃紗衣/角川ビーンズ文庫
『時計を忘れて森へ行こう』光原百合/創元推理文庫

あんま読んでないですね。
ほかに、読みかけの本がいくつかあるんですけど……
でも、新しい本ではなく、再読です。最近図書館ぜんぜん行ってないし。
そうそう、先日同僚に『深海のイール』がすごく面白かったと聞いたので、読んでみようと思います。
ちなみにその人には過去に『ダ・ヴィンチコード』を借り、『チームバチスタの栄光』を薦められました。
自分が探す方向とは違うのだけど(ベストセラーを避ける人/苦笑)、実際に読んでみて面白かったので、『深海の〜』も読むつもりなのです。
posted by ねむ at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 読了本

2008年06月17日

5月読了本

あー、またUPするの忘れてる……。リマインダ設定しようかしらー。

『彩雲国物語 黎明に琥珀はきらめく』雪乃紗衣/角川ビーンズ文庫
『スコッチ・ゲーム』西澤保彦/角川文庫
『彩雲国物語 はじまりの風は紅く』雪乃紗衣/角川ビーンズ文庫
『彩雲国物語 花は紫宮に咲く』雪乃紗衣/角川ビーンズ文庫
『彩雲国物語 想いは遥かなる茶都へ』雪乃紗衣/角川ビーンズ文庫
『彩雲国物語 漆黒の月の宴』雪乃紗衣/角川ビーンズ文庫
『彩雲国物語 朱にまじわれば朱』雪乃紗衣/角川ビーンズ文庫
『彩雲国物語 欠けゆく白銀の砂時計』雪乃紗衣/角川ビーンズ文庫
『彩雲国物語 心は藍よりも深く』雪乃紗衣/角川ビーンズ文庫
『彩雲国物語 光降る碧の大地』雪乃紗衣/角川ビーンズ文庫
『彩雲国物語 藍より出でて青』雪乃紗衣/角川ビーンズ文庫

ありゃりゃーん。彩雲国ばっかりですねー、あっはっはー。
なんかこう、燃える本ないかなー。
posted by ねむ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 読了本

『水に描かれた館』佐々木丸美/創元推理文庫

水に描かれた館 (創元推理文庫)水に描かれた館 (創元推理文庫)
佐々木 丸美

東京創元社 2007-02-28
売り上げランキング : 102981
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

青い上に少女少女しているなあと前作(『崖の館』)で思ってはいたけど、今作でパワーアップ!(笑)乙女パワー恐るべし。
……と思っていたが、なんと!それ自体が伏線だった。これはヤラレタ。

前回、語り手の涼子は輪の中心部にいなかったけど、今回は中心に居る。
中心にいる上に語り手なので、当然のことながらモノローグが多く、恋しちゃったものだから、その内容たるや……ぎゃひー。赤面モノの哲学ですよ。
イヤ逆に、今じゃあまりお目にかからないくらいのロマン系なので、これはこれでいいんですけど。
ただ、ちょっと読みづらいです。モノローグ(涼子の妄想)と実際に起こったこと・やったこと(行動)がシームレスにつながっていて、その点が読みづらいし、推理小説としてずるくない?と思ったりもしました。
……けど、最終的にネタが割れると、これも納得できるんですけどね。

結局吹原さんてなんだったんでしょうね……千波の運命の人ってことでいいの?
涼子ってば千波の影でかわいそうなんですけど……涼子は涼子なのに。
2007年4月16日
posted by ねむ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行

2008年05月09日

『Q&A』恩田陸/幻冬舎

Q&AQ&A
恩田 陸

幻冬舎 2007-04
売り上げランキング : 17808
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
続きを読む
posted by ねむ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) |  恩田陸

『青空の卵』坂木司/創元推理文庫

青空の卵 (創元推理文庫)青空の卵 (創元推理文庫)
坂木 司

東京創元社 2006-02-23
売り上げランキング : 55401
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

blogの柱でオススメしている割に、感想を書いていませんでした。なんか、うまくまとまらなくて。
そして、好きな割りに読み返し率低いんですよね……。たぶん共感できる部分が多かったからだと思うんだけど。

有栖川有栖やはやみねかおるが、鳥井を好きになれないと言っているのだけど、私はとても好感が持てた。(まあ、実際に会ったらムカつくと思うんだけど;;)
たぶんそれは、鳥井が素直でまっすぐだからなんだろうなあ。そういう意味では自分は坂木に近いのか?でもあんなお人よしじゃないけど。

香織さんの気持ちはすごくよくわかった。
そして、こういう気持ちを分かってくれる男の人がいるのだ、ということがすごく嬉しかった。
これを読んだとき、作者を男性だと思っていたので(『シンデレラ・ティース』を読んで、女性かな?と思いなおしたんですが。覆面さんだそうです……)、本当に嬉しかった。
自分は美人じゃないので、こういう目に会うことはあまりないのだけど、それでもはしばしで感じるものなんですよね。
女性が当たり前に働く時代になったからこそ、よけいに浮き出てきちゃってる気がする。
ちょっと違うんだけど、「とし子」(祖母の名前と一緒!)もそう。
独身の時は個だったのに、結婚したとたん、なにも変わっていないのに従属になる。個がなくなる。
こういう恐怖・怒りって、男の人にはわかりづらいかもね……兄・姉だとちょっとわかるかも。弟・一人っ子の男性はかなりわかりづらいしれません。
これに関してはいろいろと経験が(笑)
だから、敬称くらいつけろ、とは思うけど、きちんと名前を読んだ鳥井はすごく好き。このひとの前なら、自分は自分でいられる、って思ってしまう。誰かのおまけでもオプションでもない。

上で、坂木をお人よしと書いたけど、そしてそれは事実で、彼はとてもまっすぐな人に見えるようだけど。
私は、鳥井より坂木のほうが危ういと思うんですけどね。
鳥井はたしかに引きこもりだし、人とのつきあいは下手だけど、実は一人で立てる力を持っているでしょう。ある意味、強い。
けど、坂木は……どうなんだろう?鳥井がいなくなって、本当に厳しいのは坂木なんじゃないかな?
と、自分は坂木が心配でたまりません。鳥井はほっといて大丈夫(笑 ←えー?)

2008年5月9日
posted by ねむ at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) |  坂木司